PH23 秋景山水図

 

NEW

松林桂月

絹本彩色 牙軸 生ぶ二段丸表装 桐共箱 杉外箱付

画:1401mm×405mm 軸装1942mm×558mm(軸先含まず)

¥360,000

 

Keigetsu Matsubayashi. 

1876〜1963

松林桂月は、山口県萩の出身で、上京後に野口幽谷に師事しました。渡辺崋山や椿椿山の流れを汲みながらも、近代的な遠近法を取り入れた写生を基に、独特の構図、筆致と技法を開拓して新しい南画の世界を築きました。昭和19年(1944)に帝室技芸員になっています。

秋景山水と名付けられたこの絵は、淡い色彩を重ねて、画面に独特の雰囲気を醸成し、紅葉の終わり頃の山々と樹々を巧みに表現しています。また風を演出する樹木の動きや鳥の様子、家に帰る漁師も、時間と空気感を感じさせ、絵の中に大きな世界観が表現されています。桂月の鋭い感覚と到達した画境が感じられる秀逸な作品です。

PH23松林桂月-3.jpg
PH23松林桂月-4.jpg
PH23松林桂月-5.jpg
PH23松林桂月-6.jpg
PH23松林桂月-7.jpg
PH23松林桂月-8.jpg
PH23松林桂月-9.jpg
PH23松林桂月-10.jpg
PH23松林桂月-11.jpg
PH23松林桂月-12.jpg
PH23松林桂月-13.JPG
PH23松林桂月-1.JPG
PH23松林桂月-2.JPG