JT728 影蝶透波唐草図鐔

銘:武門暇製之 天常

素銅地長丸形鉄土手耳金色絵銀象嵌 丸耳 江戸時代末期

87.7mm×78.7mm×耳6.3mm(切羽台5.2mm)

上製桐箱入落込済

「天常」として保存刀装具鑑定書付

 

¥400,000

 

Amatsune Chisokutei. Design of butterfly, wave and arabesque.

Late Edo period

NBTHK hozon paper as "Amatsune". 

 

知足亭天常は、志水五代茂永の門人で、「武門暇製之」や「代藩騎士」の銘があることから八代松井家の家臣で、しかも高禄であったことがわかります。活躍期は茂永と同じ天保頃と思われます。この鐔は素銅の下地に土手耳状の鉄の環を嵌め、平地には鋤下げ彫で泥波を表現し、影蝶を透かし、透かし際には金色絵を施しています。鉄の耳には唐草を銀象嵌で表していて、手の込んだ入念な作品に仕上げています。かなり大ぶりの鐔で作者のたぎる創作意欲が見て取れます。銘は「武門暇製之 天常」と、やや味のある書体で切っています。普段、知足亭の銘は流暢な鏨使いですが、この鐔は特別な思いがあったことがうかがわれます。知足亭で、このような大作は稀で、しかも得難い名作です。

  • Pinterest
  • Instagram

 

                              刀装具・肥後鐔  専門店

ギャラリー陽々

山梨県北杜市長坂町中丸1712-7  

g.youyou10@gmail.com

9AM - 6PM

 

Copyright© 2015 by gallery陽々youyou. All rights reserved.