JT1365 日足透菊宮神社図鐔

NEW

無銘:鎌倉

鉄地丸形鋤下彫 丸耳 室町初期

84.4mm×83.9mm×耳2.7mm(切羽台2.8mm)

上製桐箱入落込済

「無銘鎌倉」として保存刀装具鑑定書付

¥180,000

 

Kamakura. Design of sunshine and Kikumiya shrine.

Early Muromachi period

NBTHK Hozon paper as "Mumei Kanayama". 

鎌倉鐔は、鎌倉時代の制作という意味ではなく、鎌倉彫の調法と似ていることから、明治頃にこのような名称が付きました。発生は刀匠鐔を土台として彫刻を加えたものと思われます。ほとんどのデザインが五重塔や山水などで京都の風景を思わせ、発生は京都あたりからではないかと想像できます。これは、丸形で、大きく古甲冑師鐔のように日足を透かした下地に、杉、神社の拝殿、鳥居と菊を鋤下げ彫で表現しています。表裏が全く同じ、判じ物のような図ですが、この組み合わせから、高千穂にある菊宮神社を連想させます。大振り無櫃で鉄味と保存状態が良く、貴重な作品です。

日足透菊宮神社図鐔  無銘:鎌倉, Kamakura, Sukashi Tsuba
日足透菊宮神社図鐔  無銘:鎌倉, Kamakura, Sukashi Tsuba
日足透菊宮神社図鐔  無銘:鎌倉, Kamakura, Sukashi Tsuba
日足透菊宮神社図鐔  無銘:鎌倉, Kamakura, Sukashi Tsuba
日足透菊宮神社図鐔  無銘:鎌倉, Kamakura, Sukashi Tsuba