JT1195 輪竹図鐔

NEW

無銘:五代志水甚吾茂永

鉄地木瓜形金銀布目象嵌 丸耳 江戸時代後期

79.2mm×75.9mm×耳4.4mm(切羽台4.3mm)

上製桐箱入落込済

「甚吾」として保存刀装具鑑定書付

 

¥250,000

 

Jingo Shimizu the fifth. Design of bamboo ring.

Late Edo period.

NBTHK Hozon paper as “Jingo”

 

志水家は、平田彦三の甥であった初代仁兵衛に始まり五代目の茂永で金工としての終焉を迎えています。五代茂永は、生年は不明ですが没年が嘉永七年(1854)であることから、神吉深信とは同世代の金工であったと思われます。当時は熊本のみならず、江戸でも甚吾風のものが流行っていたことから甚吾の作風が一世を風靡していたことが伺えます。これは茂永の功績であり当時は高く評価されていたことがわかります。この鐔は、表には太く裏には細く、輪にした竹を描き、金と銀の布目象嵌を施しています。平地の肉置きは切羽台から耳際までやや落として微妙な変化を付けています。このような美意識と近代的な感覚は五代甚吾茂永の独特の個性です。茎穴上下に独特の穴が開けられていないことから70歳以降の作品であることがわかります。大きさもあり、明るい雰囲気の魅力的な名作です。

5代志水甚吾茂永作の輪竹図鐔
5代志水甚吾茂永作の輪竹図鐔
5代志水甚吾茂永作の輪竹図鐔
5代志水甚吾茂永作の輪竹図鐔