JT1168 桐紋透鐔

NEW

無銘:古正阿弥透

鉄地八つ木瓜形 角耳小肉 桃山時代

83.4mm×82.6mm×耳4.6mm(切羽台4.5mm)

上製桐箱入落込済

「古正阿弥」として保存刀装具鑑定書付

¥280,000

 

Ko-Shoami. Design of paulownia emblems.

Momoyama period

NBTHK Hozon paper as “Ko-Shoami”. 

古正阿弥の透鐔は、六代将軍足利義政の時代にはすでに存在していたと思われます。おそらく義政の好みで、将軍の傍に控えていた阿弥衆である正阿弥が最初に鉄の透鐔を作り、それに誘発されて京透が出現したと考えられます。丸形が一般的ですが、八つ木瓜のような優雅なデザインは、江戸期には肥後金工である林家や西垣家に引き継がれ発展していきました。この鐔は、足利将軍家が宮中からいただいた桐紋で、それを八つ木瓜の中にバランス良く配置しています。桐紋は完成されたスタイルで、左右の櫃穴や切羽台の形も隙きがなく整っていて風格があります。耳には穏やかな鉄骨が現れ、鉄色は尾張透のような重厚感があり、魅力的な作品です。

桐紋透鐔  無銘:古正阿弥透 Ko-Shoami
桐紋透鐔  無銘:古正阿弥透 Ko-Shoami
桐紋透鐔  無銘:古正阿弥透 Ko-Shoami
桐紋透鐔  無銘:古正阿弥透 Ko-Shoami