JT1126 星透鐔

NEW

無銘:古刀匠

鉄地丸形 角耳 室町初期

85.7mm×85.6mm×耳2.5mm(切羽台 2.7mm)

上製桐箱入落込済

「古刀匠」として保存刀装具鑑定書付

 

¥380,000

 

Ko-Tosho. Design of stars.

Early Muromachi period.

NBTHK Hozon paper as “Ko-Tosho”

 

刀匠鐔は、古い時代に刀匠が一刀を鍛えたときに添えたものが起源と言われ、この名称が付きました。かつては秋山久作翁が600年の星霜を経たものもあると言われましたが、近年は室町中期頃とされていました。しかし、笹野大行氏が「刀装具の起源」の中で「伴中納言絵巻」に出てくる下僕が腰に指している打刀に付けられていたものとして、鎌倉時代からのものと定義されました。この鐔は平地全体に星を透かしていて、夜空を表現していて、現代的な感覚です。透かし際は丸く時代を感じさせ、最も古いと言われている有名な「雨に笠透」のような雰囲気です。制作された時代は鎌倉期に上るとも思われます。味わいと余韻があり、鍛えの良い鉄地は空間と時間を感じさせます。幾星霜を越えた時代の得難い古錆画付き、無櫃であり古刀匠鐔の中でも名作です。

JT1126古刀匠1.jpg
JT1126古刀匠2.jpg
JT1126古刀匠3.jpg
JT1126古刀匠4.jpg