JT1114 渦図鐔

無銘:三代林藤八

鉄地木瓜形金布目象嵌 角耳小肉 江戸時代中期

75.2mm×68.6mm×耳4.0mm(切羽台4.8mm)

上製桐箱入落込済

「伝藤八」として保存刀装具鑑定書付

 

¥320,000

 

Tohachi Hayashi the third. Design of swirls

Middle Edo period.

NBTHK Hozon paper “Den Tohachi”.

 

林藤八は有名な初代林又七の孫として享保八年(1723)に生まれて寛政三年(1791)に69歳で没しています。三代は又七の作風を墨守して謹直な作品を多く造り、かつては父の重光より名声が高かったとも言われています。在銘の鐔は「林又七三代目 林藤八作」と記した、御紋透が1点と「房吉作」の若銘が若干残るのみです。作品は、やや小ぶりなものが多く、どれも誠実な仕事で、平均点が高いのが特徴です。この鐔は、突起のある木瓜形で全体にトロリとした丸味を持たせた肉置きに造り、平地全体には金の渦象嵌を散らしています。穏やかでありながら隙のない造形、暖かみのある肉置きと明るく艶のある鉄色は格調が高く、三代藤八の力量を示した名品です。

JT1114藤八A.jpg
JT1114藤八B.jpg
JT1114藤八C.jpg
JT1114藤八D.jpg