R45 李朝白磁辰砂雲鶴文壺

李朝末期 19世紀

242mm×171mm

上製桐箱入 木札風呂敷付

¥250,000

 

Blue, red and white porcelain vase with crane.

Joseon dynasty (19th century)

このように、上部にボリュームを持たせた高台の高い形は李朝最末期のもので、分院里のような官窯が廃れた後のものと思われます。その姿はそれまでにはないシャープな形で文様も近代的なものが見られます。この壺は頃合いの大きさで、ややグレーがかった肌に飛翔する鶴と雲を辰砂で素早く描いています。辰砂は中国磁器の釉裏紅と同じで銅で絵付けをしたものですが、発色に斑が多くこのようにきれいに発色することは稀です。李朝のおおらかさと近代的な姿を持ち合わせた名作です。

李朝白磁辰砂雲鶴文丸壺
李朝白磁辰砂雲鶴文丸壺
李朝白磁辰砂雲鶴文丸壺
李朝白磁辰砂雲鶴文丸壺
李朝白磁辰砂雲鶴文丸壺
R45李朝白磁辰砂雲鶴文丸壺g.jpg
R45李朝白磁辰砂雲鶴文丸壺d.jpg
R45李朝白磁辰砂雲鶴文丸壺e.jpg