JT949 投桐透鐔

 

無銘:西垣二代勘四郎永久

鉄地丸形 丸耳 江戸時代中期

78.8mm×77.7mm×耳4.4mm(切羽台5.0mm)

上製桐箱入落込済

「西垣」として保存刀装具鑑定書付

¥220,000

 

Nagahisa Nishigaki the second. Design of paulownia.

Middle Edo period

NBTHK hozon paper as "Nishigaki". 

 

西垣二代勘四郎は、寛永十六年(1639)に生まれ享保二年(1717)に没していて、活躍期は元禄時代が中心です。14歳のときに藩命で後藤顕乗の弟子となり、24歳で皆伝を得て肥後に帰っています。後藤家で学んだこともあり、作風は高尚で緻密なものが多いのですが、有名な田毎の月図鐔のように、初代のような自由で奔放な作風のものも制作しています。この鐔は在銘が2点残るうちの1点である投桐の鐔とよく似ていることから、二代勘四郎と鑑定できるものです。特に桐の葉の形と葉脈の毛彫は酷似しています。在銘の投桐透鐔は磨地ですが、この鐔は、初代のような焼き手を意識してか、細かな凹みを付けて味わいを演出しています。造形は格調高く緊張感があり、鉄色は潤い、艶もあって得難い雰囲気を持った名作です。

  • Pinterest
  • Instagram

 

                              刀装具・肥後鐔  専門店

ギャラリー陽々

山梨県北杜市長坂町中丸1712-7  

g.youyou10@gmail.com

9AM - 6PM

 

Copyright© 2015 by gallery陽々youyou. All rights reserved.