JB4 富士山図刀掛

無銘 

桑、黒柿 江戸時代

左右508mm×高さ296mm×奥行158mm

 

¥300,000

 

Sword rack “Katana Kake”

Design of Mt. Fuji. 

Edo period

 

桑で作られた刀掛けです。左右が長く、表裏に刀が三振掛けられるように作られていています。このような長い形式は江戸時代の前期であると考えられます。素材の桑は、現在では絶産した、木目に変化のある「島桑」と呼ばれる御蔵島の桑です。その板を全面に使い、頂上に積もった雪と雲を透かして、富士山を象徴的に表現しています。柱部分には黒柿を用い受けには桑を用いたもので、どのような拵にも合わせることのできる上品な佇まいです。

JB4表紙.jpg
P4790015.jpg
P4790017.jpg
P4790018.jpg
P4790019.jpg
P4790020.jpg
P4790022.jpg
P4790021.jpg
P4790023.jpg