JT946 藤花透鐔

 

 

無銘:正阿弥

鉄地丸形 角耳小肉 桃山時代

81.2mm×80.7mm×耳4.7mm(切羽台4.6mm)

上製桐箱入落込済

「正阿弥」として保存刀装具鑑定書付

¥130,000

 

Ko-Shiyoami. Design of Wisteria flower.

Momoyama period

NBTHK hozon paper as "Shiyoami"

足利将軍家に使える同朋衆は阿弥号を使っていました。能楽の観阿弥や世阿弥、また刀剣鑑定の本阿弥家も同様です。発生は時宗の「阿弥陀仏」の「阿弥」に名前の一文字を付けたものと言われています。正阿弥は白銀師の同朋衆でしたが、透鐔が盛行したときに白金以外の鉄も使って作域を広げていったものと言われています。そもそも「正阿弥」といった分類が確定されたのは笹野大行先生が1972年に出版された「透鐔―武士道の美」で、それまでは「尾張」や「京透」とされていました。笹野先生は、江戸期の正阿弥某と銘のある鉄の透鐔に点対称の図が多いことから銘を切る以前の室町期のこのような構図の鐔を「正阿弥」として紹介されました。この鐔はゆったりとした丸形の中に点対称で藤の花と蔓を透かしています。切羽台や左右の櫃穴の形も正しく、全体的に品よくまとめています。また遠目にはシンメトリックにまとまって見えるように天地左右には楕円形の葉を置くといった工夫もしています。焼き手をかけず磨き地であることから室町時代までは上がらず、元和寛永頃の作品であると思われますが、このように格調高く、鉄色の良い正阿弥鐔はほとんど類品がなく貴重です。

  • Pinterest
  • Instagram

 

                              刀装具・肥後鐔  専門店

ギャラリー陽々

山梨県北杜市長坂町中丸1712-7  

g.youyou10@gmail.com

9AM - 6PM

 

Copyright© 2015 by gallery陽々youyou. All rights reserved.