JT1187 雪輪水滴透鐔

NEW

無銘:古甲冑師  

鉄地丸形 打ち返し角耳小肉 南北朝時代

96.6mm×96.3mm×耳3.4mm(切羽台2.1mm)

上製桐箱入落込済

「古甲冑師」として保存刀装具鑑定書付

 

¥550,000​   商談中

 

Ko-Kachushi. Design of snow rings and water drops.

Nanbokucho period.

NBTHK Hozon paper as “Ko-Katchushi”

 

 

「甲冑師」の名称は、甲冑に付属する具足の籠手などに、まま施された小透かしと感覚が似ているということから付けられました。明治期の鐔鑑定の大家である秋山久作翁の押形集にはすでに「甲冑師」の名称が見られます。さらに笹野大行氏が耳を加工しているこのような古鐔を、明珍や早乙女などの江戸期以降の甲冑師が作った鐔と区別して「古甲冑師」と名付けられました。この鐔はかなり薄手で大きく、打ち返し耳に仕立てられた時代の上がる鐔で、平地一面に雪輪と水滴を散らして透かしをしています。にぎやかで躍動感がありますが、どことなく雰囲気もあり、古鐔だけが持つ重厚な味わいがあります。鉄色や保存状態が良く、しかも無櫃で10cm前後の大きな古甲冑師鐔は、鉄鐔愛好家垂涎の的ですが、最近は見かけることがありません。また、このような深い味わいは、観ていて飽きず、時間の経つのも忘れるほどです。

JT1187Kachushi1.jpg
JT1187Kachushi2.jpg
JT1187Kachushi3.jpg
JT1187Kachushi4.jpg