JT1089 菊透鐔

 

無銘:古金工

山銅地菊形 角耳 室町時代初期

84.9mm×84.4mm×耳5.5mm(切羽台4.8mm)

上製桐箱入落込済

 

¥170,000

Ko-Kinko. Design of chrysanthemum.

Early Muromachi period.

 

昔、日本史の教科書に載っていた「足利尊氏像」は、抜身の大太刀を携えた騎馬武者でした。その大太刀には車透の大きな鐔がかけられていまして、この当時、南北朝から室町初期には車透や菊透が流行っていたことが想像できます。この鐔は山銅を使って菊花を透かしたもので、左右の細い櫃穴は時代の上がることを証明しています。大きく、厚さもあり、力強く、しかも時代を感じさせ、まさに南北朝から室町初期の風格で、保存状態も良く貴重な作品です。表面には当初からの黒い漆も残っています。

  • Pinterest
  • Instagram

 

                              刀装具・肥後鐔  専門店

ギャラリー陽々

山梨県北杜市長坂町中丸1712-7  

g.youyou10@gmail.com

9AM - 6PM

 

Copyright© 2015 by gallery陽々youyou. All rights reserved.