C115 磁州窯黒釉白堆文水注

 

北宋~金 11C~12C

118mm×133mm

上製桐箱入 木札風呂敷付

¥700,000

 

Black glaze pitcher with white line, Cizhou ware

Northern Song -Jin dynasty(12th century)

 

 

磁州窯は北宋から近代まで河北省の広範な地域で、民衆のための雑器を焼いた窯の総称です。その発見は1920年代で、鉅鹿県での井戸の掘鑿がきっかけです。最も有名な窯は河北省磁県の観台窯です。磁州窯の製品には様々な技法が見られますが、これは、器物を作った後に白い土をチューブのような管から押し出して線を作り、黒釉をかけて焼成したものです。盛り上がった線には黒釉がほとんどかからず白線が文様として浮かび装飾となって魅力的です。これとほとんど同じ器形のものが観台窯跡から発掘されています。蓋付の完器もたいへん貴重です。

 

 

  • Pinterest
  • Instagram

 

                              刀装具・肥後鐔  専門店

ギャラリー陽々

山梨県北杜市長坂町中丸1712-7  

g.youyou10@gmail.com

9AM - 6PM

 

Copyright© 2015 by gallery陽々youyou. All rights reserved.